ほんと日替わりが好きね


by darsmilk
カレンダー

<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今日、隣町まで有名な天丼を食べに行った。
その道すがら、天気が良かったので空なんか眺めながら、ゆっくりと考え事をしてみた。
d0033200_3234623.jpg
今の自分は23歳で大人、来年からは社会人として働く。
就職は希望の進路ではなかったが、社会人としては最高のステージが確保できた。
これは時間軸が「今」で、「未来」に期待を込めた気持ちだ。
でもどうだろう。
高校、中学、小学と時間を巻き戻してみると、今いるのはあの頃の「未来」だ。
つまり、あの頃の「未来」への期待が今、どうなってるのか確かめられるわけだ。
中学生の頃は早くこの町から出たい、と思っていたし、高校生の頃は早く20歳を越えて大人になりたい、と思っていた。しかも、かなり切実に。
大きな町で暮らす自分、大人になった自分を思い描いていた。
そんなことを思い返してみると、今、あの頃の夢が叶っていることに気づく。
都会で一人暮らしすることも、23歳であることも、当たり前のように感じるのが「今」だけど、あの頃の夢が叶った「今」は最高の状態ではないか。
時間と共に「夢、希望」は変化するのに、「今」の現実と「今」の夢だけを比べて落ち込むのは少し残酷過ぎる気がする。
もちろん、小さいころの野球選手とか弁護士とかそういう憧れの職業も夢の一つだけど、実際に日々感じている将来への願望は少なからず叶えられている。

あの頃、「大人になったらコレをやりたい」と思ってたことはかなりの割合で実現できてるじゃないか。
誰にも文句を言われずに夜遅くまでテレビを見れるし、好きな女の子を家に泊めることができる、夜中でも遊びに出られるし、時間が許せば好きなだけ寝ていられる。
間違いなく、あの頃「夢」見てた生活。
あの頃の自分が見たら、うらやましがるだろうに・・・。
いわゆる“小さな幸せ”を忘れていた。
そしてなにより、23年間生きてこれて良かった、と改めて思った。

しかし

過去と現在を比べて「今の生活でもいいじゃない」と思うのは非常に危険だ。
過去を生きていた頃は、現在を夢見て生きてきたわけだし、現在に生きる自分は、未来を夢見て生きていかなければならない。
どう足掻いたって時間軸はいつも「今」だけど、「過去」の存在、つながり、「未来」への願望、つながり、これらをバランスよく考えながら生きたい、切に。
そうすれば、今、自分が置かれている現状に対して、どうしようもなく落ち込むことも、バカみたいに浮かれることもないだろうに。
(落ち込むことも大切だし、浮かれることも大切だけど、次の行動が違う、という意味で)

天丼は美味しかったのです。

そして、時間も忘れて
こんなことをざっくばらんにサササーっと書くのはストレス解消だったりするのです。
サササーっと書くから、論点がブチャブチャになるんですが。

真っ白なキャンバスと絵具セットさえあれば、半日はおとなしくしてます。
[PR]
by darsmilk | 2006-10-31 03:00 | ● etc.

Commercial Message

最近やってるマックのCM、夜に4人の男女が店内で談笑するやつ

ぜんっっぜん、おもんねぇぇぇぇぇ

制作サイドのセンスを疑ってしまう

CM構成としは、仲の良い若者4人がマックで「これから何する」かを決めようとするも、結局、その会話が盛り上がり、「これから」ではなく「これから何するか決めようとする今」が楽しくなり、時間が経ったので解散、って流れを作りたかったんだろうね

しかーし 
肝心の“楽しそうな雰囲気”を演出するための台詞(セリフ)が全く面白くない
かなり致命的だし、出演してる演者が面白くない人間、みたいに思われるね
っていうかマックの社員は面白くない、みたいに思われるね
最終決定の前に社内でだれかが「あんまり面白そうに見えませんね、っていうか全然面白くないです」って切り出すべきだ

だいぶ前の「松本人志の放送室」で、まっちゃんがとあるCMについて文句言ってました
NOVAのCMです
「ジャングルジムに襲われたから助けてくれ」という外人さんを目の前にした女性、英語がしゃべれない女性は「ごめんなさい」と泣きながらNOVAへ行く、って感じのCM
このCMに対して、まっちゃん曰く「なんで女は泣いてんねん!英語理解できひんねやったら、助けを求められてることすら分からんやんか!」
まー、ジェスチャーとか状況から何かしら分かることもあるかもしれないけど、確かに泣く必要はない('-')
もしかしたらジャングルジムと戯れてるだけかもしれないし、なにか劇団員の人で演技の練習中かもしれないしね
この話の後、まっちゃんはCMの完成度の低さを指摘して、制作サイドを批判してました
NOVAの人間はこの違和感に気づかなかったのか!?とか言ってました
今はNOVAのCMが新しいバージョンになって、“泣く”場面が省かれてます
英語を勉強して外人さんのもとへ行くと外人さんがすごいことになってた、てな具合です

何気なく垂れ流ししてしまうCMですが、よーく見てみると不備とか思惑がいっぱいです

そういえば、まっちゃんは車のCMについても言ってました
有名な既婚芸能人同士(もしくは片方が有名な独身芸能人)が夫婦役でファミリーカーのCMに出演する違和感
例えば唐沢さんと小雪さんのCMとかね
あれは世の男性に対して「こうして不倫ができるんだぞ」みたいな暗示があって、意識してないんだけど興味を引く効果がある、とか言ってました
この説は微妙だけど、可能性として一理あるかも

こんな感じの
一見するとどうでもいいような批判こそ大事にすべきだし、
“気になるポイント”を気になれる姿勢、一通り考えてみる姿勢が大事だ
と日ごろ思っておる次第でござる


特にテレビCMなんてのは15秒前後の映像の中に、企業なりなんなりの利益の為の仕掛けが集約されてるわけだから、逆にいえば、企業の思惑を見抜きやすいし、ミスがあれば露骨に見えてくるもんである

ここ最近でいえば、携帯会社のCM合戦は面白い
商品(サービス)内容の伝達に重きを置くのか
イメージ戦略で企業名を印象的に植えつけるのか
旬な芸能人をプライベートに近づけた演出で起用したり
逆にキャラ立ちさせた無名のタレントを使ったり
それこそ素人を使うことで親近感、お手ごろ感を狙ったり
効果的にキャッチコピーを散りばめたストーリー仕立てにしたり

悔しいけどCMだけで評価するならSoftBankが一番です
料金プランがそんなに魅力的じゃないので変える予定はないけど
Docomo FOMAがSonyからスタイリッシュな携帯を出す時、契約し直しで番号変えます

あなたに「番号そのままauにおいで」って言われること自体が「予想外」「だから私はドコモです」よ。

クリエイティブに行きましょう
[PR]
by darsmilk | 2006-10-28 23:59 | ● テレビネタ